令和2年8月8日(土)開催 日本国史学会 第73回連続講演会

令和2年8月8日(土) 14:00 - 16:45

【講師】
◯ 渡邉 大門(十六世紀史研究学会代表、博士(文学))「明智光秀の前半生に関わる二・三の論点」
◯ 田中 英道(東北大学名誉教授、当会代表理事)「内宮・外宮と神宮式年遷宮の意味」
 基調講演後、質疑応答

【会場】 京都大学東京オフィス 大会議室A・B
    (東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階、「東京」駅丸の内北口直通)

【資料代】 学会員2,000円 / 非学会員3,000円(大学生・大学院生は一律500 円、当日入会可能)

【定員】 40名

◇主催:日本国史学会

※ コロナ対策のため、参加者におかれましてはマスク着用のうえ、体調確認と個人情報提供に御協力お願いします。定員を超過した場合、予約のない方は入場をお断りすることがあります。


■講演会参加申し込み
 必要事項をご記入後、送信してください。