令和元年12月22日(日)『芸術・文化と「自由」の問題-「あいちトリエンナーレ」が投げかけたもの-』

●プログラム

 冒頭発言:河村 たかし(名古屋市長)「あいちトリエンナーレ2019」について
 基調講演:田中 英道(東北大学名誉教授・日本国史学会代表理事)「現代芸術の死とと政治イデオロギー」
 問題提起:岡島 実(弁護士・元日弁連人権委副委員長)「日本国史学会声明の経緯と解説」

●パネルディスカション

『「表現の自由」と文化政策』

 パネリスト:
 
 中山恭子(元拉致担当大臣・祭研究会代表理事)
 水島聡(映画監督・チャンネル桜社長)
 岡島実(弁護士・元日弁連人権委副委員長)

 司会:田中英道

開催日時:令和元年12月22日(日)14時~17時
場所:名古屋国際会議場 4号館431会議室
参加費:2000円(院生・学生は500円)

主 催:日本国史学会
協 賛:日本文化チャンネル桜
お問い合わせ先:国史研究会事務局(03-6709-8872)